まだ1年、もう1年 ~この仕事を始めた理由~

先月、開業して1年が経ちました。小学1年生はまだまだひよっ子です。私も同じ1年生です。つまり、まだまだこの仕事では経験が少ないという事です。それをわざわざ自分から大きく言わなくても… と避けるようにあまり触れずにここまで来ました。とは言え、隠してる訳では無いので、初期のブログを見れば分かる事なのですが、3年位経てば触れて行こうかなぁと漠然と思ってました。

 

 

 

 

実際に1年が過ぎて感じました。本当にたくさんの方にMotherJAMを選んでいただき、たくさんのお宅にもお邪魔させていただきました。経験が少ないから良い悪いという事ではなく、ただ選んでいただいた事に感謝しながら、この1年があったから5年、10年、その先と続けて行けるんだと思います。まだまだ未熟な私に依頼をくださるなんて本当に有難く嬉しく、幸せだなぁと日々感じてます。それを伝えなければと思い、今回の記事を書きます。

 

 

どうして片付けを仕事にしようと思ったのですか?昔から片付けが得意だったのですか?

 

 

お客様によく聞かれる質問です。
結婚前はホテルのフロントで接客業をしていました。少人数で毎日150名以上のお客様の対応をするという中で、自分のために色んな無駄を省く事を学びました。自分が楽になるため=(イコール)お客様をお待たせしないために。そのスタンスは今の生活にも活きていると思います。整理収納はいかに全ての色んな無駄を省き、日々の生活を楽にスムーズに進めるための作業なのです。

 

結婚後しばらくして、縁がありテレビ局で働く事となりました。そして、妊娠をして、産休育休を得て、子供が7ヶ月の時に0歳児クラスの4月入園で運良く認可保育園に入れる事になりました。仕事復帰後は、産休前とは全く別の業務を担当する事に…

 

 

初めての育児
初めての両立
初めての職種

 

 

3つの初めてが一気に私に迫って来ました。育児中はゆっくり食事を取れるはずはなく、食べたいモノを食べたい時に食べるなんて、まず出来ません。仕事中は束の間の育児からの解放ではありましたが、初めての職種である事と時短勤務だった事もあり、その中で何とか時間を捻出しようとお昼もデスクで食べるのみの、休憩と言えるような心休まるものではなかったです。家に帰ると、片付けより優先する事が山ほどあり、常に “片付けなくては!” と落ち着かず…  育児中は夜の睡眠もままなりません。心も身体も日々の最低限の家事で精一杯でした。

 

元々、会社のデスクやロッカーは常に整理整頓されていて、モノが少なくスッキリしていると言われる事が多かったので、得意というよりは、ただスッキリしている状態が好きでした。どうすると使いやすいのかを常に意識していたように思います。

 

そんな私が、急に片付けられない状態に陥りました。産後のホルモンバランスの不安定な時期と重なり、イライラが募って行きました。自宅の片付いてない状態に心が乱され、日常をあまり楽しめていなかったです。仕事も中途半端(納得行くまで向かえず、お迎え時間のためタイムオーバーなどしばしば)、育児も中途半端(仕事もあるので全力では子供と向かえていない自分を責める意味で)、更には、達成感を味わえないからなのか楽しいと思えない状況に産後の私はモヤモヤが溜まっていきました。私にとって何が正解なのか?とよく自問していました。

 

 

我が家のダイニングテーブルの目の前にあるカウンター。ついモノを置きやすい高さなのでモノが溢れていました。常に目に入る場所です。あぁ、片付けなきゃ…といつも頭の片隅にこの言葉が。

 

 

片付けなきゃ。
洗濯物畳まなきゃ。
おもちゃ仕舞わないと。
ダイニングの上が乱れてる。

 

片付けに追われてる事に気付きました。考えているのは常に片付けの事ばかり。ある時、“整理収納アドバイザー”という資格がある事を知りました。実際に自分でその資格を取ろうと思い立つ前に、片付けについて色々と調べました。こんまりさんは有名なので当然知ってましたが、片付けに関する仕事があるなんて少し驚きました。自宅の片付けに役立つだろうという軽い気持ちで整理収納アドバイザー2級を取りに行きました。講習を丸1日受け、試験に受かれば取得出来るという比較的簡単な資格でした。その日から、私は片付けの素晴らしさに目覚め、一気に整理収納アドバイザー1級を取得しました。

 

 

職場では“ママさん”というだけで勝手に連帯感を持ち、産前とは違う交流関係も生まれ、先輩ママさんの話を聞く度に思いました。

 

世の中のママさんって、こんなに大変だったんだ… 

 

 

 

私は片付ける事で色々な事がうまく行くようになりました。その中でも精神的な効果が一番大きかったです。家が片付いてるというだけで、ここまで快適に過ごせるなんて。この事を、私が伝えたい!困ってるママさんを助けたい!人の役に立ちたい!というきっかけでこの仕事を始めました。自分が同じ経験をしたからこそ、同じように困ってる方を、同じように楽にしてあげたいと思いました。

 

 

MotherJAMという名前もそんな思いで付けました。それについては、別の記事で詳しく書いたので、お時間あれば読んでみてください。

■【屋号への思い入れ】
■【マザージャムと検索すると…】

 

 

 

今はカウンターの上は緑でいっぱいです。

 

 

そして、ちゃんと日々を楽しめてます。子育ても楽しめてます。仕事も楽しめてます。片付けってこういう事だと思います。実際に体験してみないと、なかなか伝わらないと思います。でも、片付けたい!と思って、このサイトを見に来てくれている方はきっと、すでに何となく気付いてるんだと思います。自分でやってみて出来なかったという方の依頼がほとんどです。収納本を読んでも出来なかったという方はぜひ私にお手伝いをさせてください。

 

こんなきっかけで始めたこの仕事。最近見た占いに、“整理整頓が得意”と書いてあり、やはり天職なんだ!と今は思ってます。先の事は何も分からないし、その時のベストはその時々で違うわけで、今はこの仕事に全力で向かいます。収納も人生と同じで、その時のベストはその時々で違うので、モノの指定席の見直しは定期的にやってください。

 

人生と収納は似ている!

 

いつかの投稿でも同じような事を書いてました。

■【整理収納事例】押入れ収納〜仕事と育児の両立中のお片付けとは?~

 

 

長々とお付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

整理収納サービスはこちら
整理収納事例はこちら
プロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

 

 

ランキング参加中!
宜しければclickお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ