両手鍋

結婚する時に買った両手鍋がそろそろ限界なので、手放す事にしました。

10年間どうもありがとう~

大小2つのフライパンと片手鍋とのセットで購入し、結局10年使いました。その間、フライパンは2つ共コーティングが剥げてしまい早々に手放しましたが、底のコーティングが剥げながら10年もよくぞ頑張ってくれました。持ち手の黒い部分が色褪せたりしいてたので、早く次のモノを見付けて買い換えたいと思ってましたが、いざ新しいのが届いてみると、少し寂しい気もします。でも、十分しっかり使い切ったので、ここでお別れです..

ちょうど明日は不燃ごみ。良いタイミングでさようなら~

 

そして、迎えた新しい両手鍋。グリーンパンというベルギーのブランドだそうです。

今使ってるフライパンと同じシリーズにしてみました。見た目の良さだけでなく、フライパンは使い勝手が良かったので期待してますよ!このお鍋も先10年使えるのかなぁ。その頃、娘は中学生。そう考えると、さっきまで感じていた青いお鍋への寂しい気持ちがすっかりどこかへ。

 

バトンタッチしてるようにも見えたこの写真。お世話になりました!

 

捨てられない理由の1つに、“ 使い切っていない ”というのがありますが、10年しっかり使って手放すという事は、達成感に似たような誇らしい感情さえも芽生えます。自分がちゃんと選んだモノ大切に使うという事は、究極に無駄のない振舞だと思います。これからも丁寧な生活を目指して行きたいな、とお鍋を通して感じました。

 

お片付けのご依頼はこちらから。

整理収納サービス
料金プラン
お問い合わせ

ランキング参加中!
宜しければclickお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

両手鍋” に対して1件のコメントがあります。

  1. ノーマ より:

    こんにちは。うちにも使っていないお鍋たちが棚に眠っています。アメリカの家は収納スペースが広かったので、新しい物を買っても古いものは壊れていなければそのまま捨てずに棚に入れたままでした。日本の収容スペースは狭いので、新しく買ったら古いものは処分していかないといけないですね。使い切ったらバトンタッチするんですね^ ^

    1. ueno より:

      ノーマ様
      コメントありがとうございます。
      アメリカに住んでらっしゃたのですね。素敵です。
      使用してないものは処分して問題無いと思いますよ。もったいないのは、捨てる事ではなく、使っていない事なのです。使っていないモノのスペースにも家賃や住宅ローンを支払っている事こそもったいない事かもしれませんね。

この投稿はコメントできません。