子供とのイベント~節分~

2月3日、今日は節分です。

子供が生まれる前の節分と言えば、豆と太巻きを食べるだけ、もしくはそれさえもしてたか?してなかったか?という位でした。

 

お正月
節分
バレンタイン
ひな祭り
お花見
こどもの日
母の日
父の日
七夕
お月見
ハロウィン
クリスマス
大晦日

 

季節の行事を並べて見ると、多過ぎです。でもやっぱり日本に生まれた娘に、ちゃんと知っておいて欲しいと思う親心。私も大して知らないけれど…

という事で節分をしっかり堪能しました。昨日は保育園に鬼が来て、豆を撒いて鬼退治をしたそうです。お迎えの時に、“泣かなかった!”という報告を受けました。その帰り道に教えてくれました。

 

本当は鬼が怖くて泣きたかったんだけど、〇〇ちゃん(お友達)が鬼に捕まったら可哀想だと思って頑張って豆投げたの… 

 

4歳なりにとても頑張ったようです。えらい!と褒めました。家に着き玄関入るとすぐに、

 

鍵閉めて!鬼が来るから。

 

よっぽど頑張ったのねぇ~なんてリビングに行くと、固まる娘。喜ぶと思ったんだけど…

 

 

これ、嫌だから捨てるね。

 

速攻捨てられた、鬼のお面。でも、お腹空いたから豆食べるね~と自作のお面を被って食べてたので、微笑ましかったのですが…

 

 

 

今朝、起きてきてから珍しく不機嫌な様子。体調悪くなる前触れ?と思ってたら、ボソッと一言。

 

鬼に電話しないでね。

 

電話番号知らないし。絶対しないよ。
柊を玄関に飾ると鬼が来ないというので、一緒に飾ろうと声を掛けたのですが、

 

鬼が来たら怖いから、お母さん一人で行って来て。

 

一人で寂しく飾ってみました。

 

近くのお寺で節分のイベントがあり、昨日までは連れて行く予定だったのですが、鬼も参加するらしく、今年は見送りました。

何か違う。こんなんじゃない。節分はこんなに怯えるだけのイベントではないはずです。柊を飾ったから、もうこれで鬼は来ないよ!と言うと少し表情が柔らかくなりました。ここから盛り上げなくては。

 

 

スーパーで店長さんが鬼になったマグロを娘に見せてくれました。マグロの口の中を覗いたり、これカジキ~?(保育園ではお馴染み)と聞いて来たり、少し盛り上がって来ました。

 

 

節分と言えば、太巻き!夜は一緒に作る事にしました。

 

一人で一本食べてしまいました。

 

きっと昨日よりは、良い思い出になったと願います。こうやって子供に教えながら、私も学んでます。

寝る前に、節分は今日で終わり?もう普通の日?と確認してました。

とにかく、“節分は楽しいもの”として最後に少しでも感じてくれて安心しました。来年はきっともう怯えない年齢のはず。これも今年だけの様子として覚えておかないと。

 

 

初回お試し価格始めました!

整理収納サービスはこちら
お片付け個人レッスンはこちら
質問や相談はこちら

 

ランキング参加中!
宜しければclickお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

子供とのイベント~節分~” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。